FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のドライブで気をつけること

私は関東の都心部にいることが多いので、
完全な雪国でのドライブは経験が少ないです。

それでも、冬のドライブには本当に気をつけています。


車内では、「外気温」は必須です。
  

なぜ、外気温がわかった方がいいかと言いますと、
路面凍結の危険性があるからです。
雪国は常に氷点下なので不要だと思いますが、
中途半端に雪がふる地域は必須ですね。


もともと外気温計が付いている車ならいいのですが、
そうでない方は、購入される事をオススメします。

私の車には、たまたま外気温計が付いていて、ほぼ正確ですが、
1度程度高い時があります。
以前、乗っていたBMWでは1℃程度、車の方が高かったのですが、
外気温が3℃以下になったときに警告が表示されていましたので、
運転時に気をつける事が出来ました。

この外気温の正確性は、時々、確認する癖をつけておきましょう。

山を走ってると、「現在の温度」が表示されていますね!!
その表示温度を発見したら、車に表示される外気温との温度差は
チェックできますからね。

もともと付いている車ではちょうどかマイナス1℃すれば
いい感じですね。


外気温が1℃~3℃の温度の時にも、注意しないといけない場所があります。

それは、橋の上です。

橋は上からも下からも冷たい空気で冷やされるので、かなり温度が低くなっています。

特に雨が降った後の深夜の橋は、凍結していたり、氷が残っていたりしますし、
橋は真ん中を頂点として登り下りになります。
車の挙動は、この登りから下りになる時が一番不安定になる時ですので、
この時に凍結していれば、完全に滑ります。


深夜ドライブが大好きな僕ですが、
深夜から明け方にかけて一番寒くなりますので、
外気温と橋には注意が必要です。


次に注意したいのが、周りの車です。

橋を渡る前には、緩やかなカーブがあるところが多いわけですが、
もし橋が凍結していて対向車がスリップしたら?
もろに対向車線にはみ出してぶつかって来るかもしれません。

注意していても、避けられないのが対向車からの突撃(!?)ですが、
「もしかしたら、滑ってくるかも・・・」
なんて思いながら走ってると、案外、落ち着いて対処できる事もあると思います。

「やっぱりか・・・・」
と思いながらも、回避できる可能性も無くは無いでしょうね。

おそらく、スローモーションとなって、
「あ、あ、あ、あ、車が、車が、車が、こっちへ、こっちへ、こっちへ、
来てる、来てる、来てる!!」
みたいな・・・・。

「どうしょ、横は田んぼか?」
「横は、川か?」
「歩道は行けるか?」
「対向車線によけるか?」

など、いろんな事を考えつつ、まあ、大体が体を動かす暇なく、
ぶつかってしまうんでしょうけど、運良く命拾いするような
よけ方につながればラッキーじゃないですか!!

こんな時、交通安全協会のあの「もしも運転をしなさい」とか
思い出すんでしょうけど、もしも運転も、

「もしも、あの自転車の女の子のスカートがめくれたらなー」
「もしも、女の子がここに立ってたらな~」
「もしも、助手席に女の子が乗ってたらな~」

なんて、考えばかりではダメですね。
いつの間にか助手席に乗られてた・・・では話しが変わりますが・・・。


そして、みなさん眠い中で走られているわけです。


冬の深夜ほど、コワイものはありません。

道路の凍結
橋の凍結
居眠り運転の可能性

体の一部は動いていても頭は眠ってるなんて事もあるんですから。

私は、500km以上の距離を走る事もあるのですが、今では、もうしませんが、
疲れていて、眠くて仕方ない時、
イビキをかきながら運転してた事がありました。

危なすぎですよね。
目は確実に開いていて、手もハンドルを握ってました。
そんな中で眠気と闘いながら、運転してたら、
ふと、イビキが聞こえてきたのです。。。。

ハッとして気づいたら、体は相当疲れてたんでしょう。
なんと、目と手とアクセルを踏んでる足は起きていて、
それ以外はちょっと眠ってしまってたようです。

これは危険なので直ぐにパーキングエリアで仮眠したのですが、
周りの車に迷惑がかかるので、とっとと休憩が必要だと思いました。



あとは、雨の日は、山をできる限り避けてコース選択する事も
必要ですね。

山に入ると、いきなり温度が下がります。


なので、道路凍結してしまい、30km/hしか出していなくても
完全に制動を失ってしまう事もあります。

とくに、軽や、1t程度の軽い車だと余計に滑りやすいでので
注意しなくてはならないですね。


皆さんも、外気温にだけは注意して、
安全運転してくださいね。


最後までお読み頂きありがとうございます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

- : 2014/03/25 (火) 11:50:15

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。